各種お問い合わせ

0120-489-405
お問い合わせフォームはこちら

米蔵人厳選おすすめの逸品コーナー

お米のプロフェッショナルが選び抜いたおすすめのお米をご紹介します
今すぐおいしいお米をさがす


店長のひとりごと
 

米蔵人(こめくらんど) 谷米穀 滋賀県大津市 白米・玄米等販売

HOME > お米の歴史と文化

お米の歴史と文化

私たち日本人の主食であるお米は、どの家庭にも常に常備されていることが多いです。
しかし主食であるお米について良く知らないという人がほとんどではないでしょうか。
こちらでは、お米の歴史についてご紹介致します。

お米の誕生

お米の栽培の起源は今から約6000年前と言われています。
最初の稲作がインドや中国の雲何地方で始まったと考えられており、稲作が日本に伝わったのは縄文時代の後期と伝えられています。
お米が栽培される以前から、稲はもともと自然に生えていて、野生の種をまいて育てて収穫したのが始まりです。
本格的なお米の栽培が始まったのは、今から約5000年前です。
日本に伝来したのは2000~3000年前で、中国から日本へ伝わりました。

お米が国を作った

弥生時代にお米の栽培をするようになってから、人々は一定の土地に住むようになりました。
当時はお米に麦・粟・ヒエなどの雑穀類をまぜ、おかゆのように柔らかくして食べていたとされています。
現在のようなお米の食べ方になったのは平安時代になってからです。
水田稲作が広まると、狩猟や木の実を食べて生活していた人々が、食べ物を保存できるようになり徐々に人工が増えていきました。
この頃に日本では始めての国家である邪馬台国が卑弥呼によって発祥しました。お米の発達とともに、日本は国としての形が整ったと言っても過言ではありません。

玄米から白米へ

江戸時代まで玄米を食していましたが、玄米は薪で炊いており、沢山の薪を用意できなかった都市部に住む住人のために、玄米よりも炊き上がりの時間を短縮できる白米を好むようになりました。
こうした背景をきっかけに、玄米から白米を食すようになりました。
現在私たちが主食としている白米はジャポニカ米で、インディカ米に比べ粒が丸くて粘り気があるのが特徴です。
お米自体が美味しいので、日本では白いご飯を主食に味噌汁やおかずと一緒に食べる文化が生まれました。

普段私たちは、お米をスーパーなど店頭で品種とお米の量5kg・10kgどちらかを選んで購入します。
お米を自分で購入したことが無い人は、お米がいくらで販売されているか相場が分からないと思いますが、お米の品種によって値段は異なります。
ブランド米は価格も少し割高になる場合もあります。 重たいお米は、お家に持って帰るのも一苦労で、ご年配の方や体の不自由な人、妊婦や徒歩で買い物に訪れる人にとっては大変です。
そこでおすすめなのが通販でお米を購入することです。
店舗と通販でお米の販売をしている当店では、お米を玄米のまま低温保管しており、袋詰めも自社工場で精米しておりますので、新鮮なお米をお届けできます。
お米の種類も豊富でブレンド米や玄米も扱っております。また小袋詰め(300g)を10個から送料無料なのでご贈答などにおすすめです。

ページの先頭へ